読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロ社

主著は『モテる小説』『忍耐力養成ドリル』『マイナス思考法講座』です。連絡先はkokoroshaアットマークkitty.jp

横浜で竪穴式住居&紅葉&海を満喫する渋めツアー

観光盛りの今日この頃ですが、人混みを避けつつ楽しみたいのー!ということで、今日は横浜近辺の渋めの観光地を紹介させていただきます。

横浜の竪穴式住居はけっこう豪華

「マイホームを買うなら絶対竪穴式住居!」と考えている方も多いと思いますが、そんなあなたのために、まずは横浜から地下鉄に乗って15分くらいの蒔田にある、三殿台遺跡を紹介させていただきます。
まあ、竪穴式住居のレプリカって、あんまり観光地がない地域の定番ではあるのですが、この三殿台遺跡は、住宅地を登っていった高台にあって、若干おしゃれです。今で言うと六本木ヒルズみたいなそんな感じ!▼


案の定、無人です。一応管理人みたいな人が常駐しているので、高校生カップルが原始的なセックス(前戯が少なめのセックスという意味です。為念)を繰り広げているというハプニングもないので無気力にさせられることもなく安心です。早速中に入ってみましょう。▼


んー…窓が入り口しかなくてちょっと暗いですが、どうせ窓があってもカーテンを閉め切って2ちゃん→mixiニコニコ動画→ブログ→エロサイト→2ちゃん…と一日中ループするだけなら、窓なんて飾りです。
また、隅には緑色の苔が生えていますが、いいアクセントになっていますね!



遺跡の中央には、遺跡が出土したときの、そのままの状態が屋根つきの部屋で保存されています。中には入れないのですが、ここまで遺跡を大事にしているのって珍しいですね。横浜市の教育委員会はいい仕事しすぎです。▼


しかも竪穴式住居、3つも建ててるし!いちおう3つとも入れます。ほとんど中は同じですが、団体で行っても安心ね!▼


資料館も小さいながら併設されていて、鹿の骨のひびの入り方で占いをするアレとかが展示してあります。▼

最近大人気の霊感番組、なんか気持ち悪い人が出てるし1時間もダラダラ説教ばかりでアレなので、この骨を利用して5分くらいで終わらせてはいかがでしょうか。残りの55分は、徐々にクリームパンに圧力をかけて、クリームが漏れてくるところをハイビジョンで映すなどすれば、視聴率も稼げていいのではないでしょうか。

最古の図書館・金沢文庫&称名寺のミニ紅葉

蒔田から、地下鉄+京浜急行で15分。今度は金沢文庫近辺に移動します。見やすい地図がなかったのでこれを載せておきます。


金沢文庫というと、日本史で「日本最初の図書館」と習いますが、ちゃんと現存しています。称名寺の横の脇を通っていくのですが、奥のほうに昔の称名寺と金沢文庫を結ぶトンネルがあるのでチラッと見ておくといいと思います。



▲今は資料庫&博物館になっていてみなさんのご来場をねばり強く待ち受け中。
仏像少々と、結界に入るときの作法を記した称名寺の地図などが展示してあるのですが、今回のお目当ては、近くの仏像の目の部分に「目」と書いた紙が貼ってあった件。報道もされていたのでご存じの方もいるかもしれませんが、残念ながらパネルの展示だけでした。代わりに掲載されている本を買ってみました。こんな具合です。▼


奈良時代の写経から「目」の字を切り抜いてきたそうなのですが、発想がユニークですね。しかも後世、これをやるためにわざわざ解体して貼った可能性が高いそうです。「古ければ古いほど霊験がある」という感覚は、昔も今も変わらないみたいですね。



あと、称名寺は桜がいいみたいなのですが、紅葉もよかったですよ。モミジとイチョウ!▼



オフシーズンの「海の公園」。不穏なムードがたまらない!

称名寺から15分歩けば、「海の公園」に行けるので、足を伸ばしてみてください。ここは海沿いにモノレールが走っているので帰りも楽ですよ!春〜夏は潮干狩りが盛んですが、今はオフシーズンなので、あまり人がいなくて狙い目といえば狙い目。出会った素敵な風景を紹介していきますね。


本当に人が少ない。女の人が海辺を歩いていますが…そこにストーカーの影が!▼

夕方だと影が長くなって、見知らぬ人を相手にストーカーごっこを楽しめます。あと足が長く見えて自信につながるのでオススメです。



▲ヒトデの大量死…星の形をしているにもかかわらず、裏面に小さなプニプニがいっぱいついててグロいせいか、あまりいい感じがしません。ヒトデは夢がないよね!



▲そして鳥もセ・死・亡ーン…生前は意気揚々と空を飛んでいたのかもしれませんが、今は半分土に埋まっているという有様。
しかし考えてみるとわれわれも同じ。いくらいいおべべを着、iPodにオシャレな音楽を入れてAKGのヘッドフォンとかつけ、『アンチ・オイディプス』の文庫版をカバーなしで持ち歩いたとしても、最後は概ねこんな感じでぶざまに死ぬのです!
…………。


と、お後がよろしいようなので終わりますが、お金は交通費以外は金沢文庫の250円しかかからないし、人が少なくてのんびりできるので、週末のプランに手詰まり感のある関東近辺の人は検討してみてください。

【管理人の独房】「サイゾー」に載ってます〜

業務連絡やコメントなどのお返事のコーナーを作ります。
今回は掲載情報。サイゾーに「はてなブックマーク*1人気エントリーをまとめたコーナーがあるのですが、先日の三島の記事を写真つきで紹介していただきました。ありがとうございます!

去年あたりは「写真が下手すぎる」と叩かれていて*2、「いつかギャフンと言わせてやる!」と一眼レフ(オリンパスE-510)を買って練習した甲斐がありました。ということで喜びもひとしおです!

*1:わたしのブログにもついている「B」のマークのアレのこと

*2:まあ、変態なのでまんざらでもない気持ちでしたが!