読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロ社

主著は『モテる小説』『忍耐力養成ドリル』『マイナス思考法講座』です。連絡先はkokoroshaアットマークkitty.jp

YMOとナショナリズム

音楽

YMOって、よく覚えていないが、ファシズムのパロディみたいなイメージもあるけれど、全然パロディになってなくて、少なくとも、日本のナショナルアイデンティティみたいになっていた気がする。フジヤマ・カミカゼの日本でなくて、ソニー・ホンダの日本。
アイデンティティなんて言葉は大嫌いな人たちが大好きな音楽だという印象があるのだが、彼らの保守性が時々露わになり、アレ?って思うことが後々あった。たとえば、「テクノという言葉を作ったのは、ホワンアトキンスではなくてYMO」的な言い方。別にいいけど、餃子の王将の本家争いみたいで切ない。テクノってそんないい言葉ではないと思うので、ドクター中松が発明したということになっててもいいと思う。
YMO、音楽性以外での存在感が強すぎてなかなか聞けないが、音楽自体はそんなに嫌いでもない。