読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロ社

主著は『モテる小説』『忍耐力養成ドリル』『マイナス思考法講座』です。連絡先はkokoroshaアットマークkitty.jp

自分のウンコを盾にして戦う不思議な虫

昆虫

いやぁ…うれしくてバラ色です!前から撮りたいと願い続けていた写真が撮れたんですよ。ジンガサハムシです。よく昆虫掲示板などで、「黄金のテントウムシを見た!」という書き込みを見かけますが、それがこれ。ヒルガオの葉についていることが多いみたいですが、ヒルガオがどこに生えてるか全然知らんので見つけるのに苦労したよ!



▲たしかにテントウムシに似ていますが、飛べません。ただ、この透明な殻が平べったいので、アリが侵攻してきてもガード可能、というわけです。



▲現に、アリに襲われそうになっていましたが、アリは攻めあぐねてました。ドキドキしましたが何とか逃げきれたようで安心しました。



▲しかし!俺様から逃げることは不可能!
お前と俺のパーティタイム!可愛く撮ってあげるから脱いで脱いで!
裏返すと可愛いですね。手足が短くて小倉久寛を想起させます。


まあ、この写真だけだったら「かわいいなぁー」で終了なのですが、ここからが本番。この幼虫の習性が面白すぎるので紹介させていただきますね。




▲これが幼虫です。黄色くて平べったい毛虫みたいな感じですが、体長は5ミリ程度で、とっても可愛らしい。問題は背中に背負っている茶色いサムシング。実はこれ、ウンコと脱皮した殻が混ざった超不潔な物体。女性に喩えるなら、使用済みのナプキンにウンコをつけたものをポケットに入れて、のうのうと歩いている状態であると考えてください。つまりモテなさ100%です。いやはや、若気の至りとはいえ、こんなものを背負って、一体こいつは何をしたいのだろう?と思いますよね。



▲ちょっといたずらしてみました。棒でつついてみると…



▲ウンコの盾を立てて応戦です!
ビンビンに勃ってます!ウンコが勃起しています!
「オラー!これ以上近づくと俺のウンコ喰わせるぞ!小粒やけどメチャメチャ臭くて、手についたらお前は一生エンガチョやから!それでもええのんか!?」

情けないようでたくましくもある…というか、こんな脅しで逃げる虫がいるんでしょうか。疑問でしょうがないですが、少なくともぼくは半笑いで退散したので、幼虫は「やれやれ…雑魚をまた一匹追い払ったぜ…」と汗を拭いていることでしょう。