読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロ社

主著は『モテる小説』『忍耐力養成ドリル』『マイナス思考法講座』です。連絡先はkokoroshaアットマークkitty.jp

坂東眞砂子さんは、子猫を殺してはいなかった!!

代案ドットコム

何を隠そう、わたくしも、作家の坂東眞砂子さんの子猫殺しの記事を読んで胸毛の生えた胸を痛めておりました。該当部分を飲尿…じゃなかった、引用すると

こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。世の動物愛護家には、鬼畜のように罵倒されるだろう。動物愛護管理法に反するといわれるかもしれない。
そんなこと承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している。
家の隣の崖の下がちょうど空地になっているので、生れ落ちるや、そこに放り投げるのである。

ノォォォ…
なにせ、わたくしときたら、朝、顔を洗うときに数百匹の顔ダニを殺さざるを得ないので、それで泣いて、そしたらまた顔が涙でグチャグチャになって、そして顔を洗って(以下ループ)という具合なものですから、子猫を殺すなんてあり得ない。ひどい話だ…と思いながら、まあ、サラリーマンなので出社したのですが、道端にティッシュを発見。ハッハーン…夏休みだし、若者たちがガマンできずにセックス…と思って拾ってみたのですが、よく見たらティッシュに文字が書いてある!▼

ちょっと読みにくいですが、
「タヒチ鳥から愛を込めて 坂東眞砂子のココだけの話 みんな、私をGOKAIしないで!」
とあります…タヒチ島からの手紙です。島を「鳥」と書き間違えているところが、外国暮らしが長く、漢字を忘れていることが想像され、ますます信憑性を高めています!「ココだけの話」っていうのは「眞鍋かをりのココだけの話」を意識しているのでしょう!さすが流行作家はトレンドを見抜いてる!…ということで、続きを読むと、

みんな、私をGOKAIしてる!豪快にGOKAIしてる!(注:タヒチで流行しているジョークのようです)原稿をFAXしたとき、原稿が巻き込まれて、1枚届かなかったみたいなの…まあティッシュに文字を書いたらそりゃ巻き込まれるわ…今流行の自己責任ってやつかしら…とにかく本当のことを書くから、このティッシュを拾った人、ブログを書いてるんだったらついでに載せてくださる?ブログやってなかったら…お手数だけど、アカウントを取るところからお願いするわ…赤字のところが送れなかったところよ…一字一句間違わずにお願い。もし変換ミスでもしたら殺すから、そこんとこよろしくね―


私は子猫を殺している。
家の隣の崖の下がちょうど空地になっているので、生れ落ちるや、そこに放り投げるのである。

もちろん、崖の下にはカツオブシを混ぜたフワフワの布団が敷いてある。子猫たちはふんわりと着地して、無事を知らせるためにニャーと鳴く。
その可愛らしさに耐えられなくなった私は、ロッククライミングの技術を駆使して崖を降り、子猫たちを抱きしめ、体中をなめ回してからこう言う。
「静粛に!ごはんの時間よ!」
あらかじめ私の口の中でドロドロに消化されたフリスキーモンプチ(あのCM…ワイングラスの上にキャットフードをのせて、キャビアに匹敵するような高級食材に見せているCMにすっかり心を奪われ、日本からケースごと取り寄せたわ…私の負けよ)を口移しで与える。そのときの子猫ちゃんたちの嫌がりながらも喜んでいる姿を見ると、イマジネーションが湧いてきて、早く小説が書きたくなる。急いで子猫ちゃんたちをタスキで縛って背負い、ロッククライミングの技術を駆使して崖を登る。
この風景は、すっかりタヒチ島の朝の名物になって、光栄にも、私は「タヒチのスパイダーウーマン」と呼ばれているらしい。

これを読んで、ぼくはとても安心し、坂東眞砂子さんの猫に対する深い愛情に心を打たれて、タヒチ島の方角(どっちか知りませんが多分南)に向かって深々と頭を下げるのでした。