読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロ社

主著は『モテる小説』『忍耐力養成ドリル』『マイナス思考法講座』です。連絡先はkokoroshaアットマークkitty.jp

骨董ジャンボリー

暮らし

昨日の時点では高尾山〜相模湖と歩き倒したるで!と意気ごんでいたのですが、開催が半年に1回くらいということで、ビッグサイトでやってる骨董ジャンボリーに行くことにしました。
普段は骨董屋の扉を開けるのは勇気がいりますが、こういう場だと気軽に見て回れていい感じです。神社とかでやってる青空骨董市はこの季節は寒すぎるし。ただ、値段は総じて高めです。ここで実物を見て、気に入ったものがあれば家に帰ってからヤフーオークションで買うのがベストなんですが、まあ目の前に欲しいものがあったら買っちゃうよなぁ…

▲エロチックな和人形。60センチくらいあって大きい。家にあったらウキウキするだろうなぁ…1万円なら買ったかもしれない。
掛け軸は値段不明。10万やそこらでも無理っぽかったので値段は聞かなかった。こんなかっこいいのは、青空骨董市では出てこないので目の保養になった。金持ちになったらぜひ買いたい。



▲This is オーバー100万円コーナー。右上の仏像は新羅ので160万円。古いっていうだけで不細工だった。
店の人はネルシャツがよく似合う趣味人が大半なんだけど、時々見かけからしてアンティークな人もいた。右の写真のオッサンは売り物の机について、何やら飾り文字がいっぱい入っている古い本を読んでた。売り物に溶けこみすぎ。ちょっとオッサン、靴下短いで〜!



▲太平洋戦争関係のものを専門に扱う店があった。左の薄茶色のは砂弾。空襲で火事になったとき、これを投げれば陶器が割れて中の砂で鎮火…するわけない。実効性はほとんどなかったらしい。23000円!右のグレーの傘みたいなのは防空カバー。社会で習ったアレ。電球にかぶせて暗くし、飛行機から見えないようにする。これは値段ついてなかったが、ヤフーオークションだと2000円くらいのはず。
この店のオーナーが隣の人と話しているのを聞くと、どうやら主人はほとんどお金になってないらしく、奥さんに家のローンとかは払ってもらってるらしい。安心して趣味に打ち込める、とのことだった。うらやましい。食わせてくれる人いないかなぁ…



▲で、買ったのがこれ。伽羅10グラム3500円。質はあまりよさそうじゃないが、普通はグラム当り2000円以上はするので、まあいいかなぁと思って買ってみた。左は中東のお香で20グラムはありそうだけど、2000円にしてくれた。名前は忘れた。刻む道具がないけど、カッターでいいかな…



▲買ったものその2。昭和7年発行、婦人公論付録の『モダン手ほどき』。「モダン会話術」「モダン表情術」など、面白記事が満載なので、後日引用などします。1000円。妥当な価格。
で、問題はその下。満州事変の記念銅メダルと銀メダル。「いくらですか」って聞いてみたら「コレは珍シイヨ、銅ハ5000エン、銀ハ10000エン」…オオォォォ…満州事変のメダルを売る中国人の心境やいかに?
無性にほしくなったので、交渉の末、合計12000円に負けてもらった。「フツウ30000エンスルヨ」と言われて満足して帰宅、ヤフーオークションを検索すると…気長に待てば6000円で買えそうでした。だからアンティークは嫌いなんだ!毎回思うけどやめられない。

このメダルの店の前で唸っていたとき、突然、「ココロ社さん?」と、背が高くて鎖骨が色っぽい男性が話しかけてくれたと思ったら…オチさんだ!!!はてなダイアリーを始めたのはオチさんの影響が大きいので、感動したのですが、突然すぎてアタフタしてしまいました。想像してたより痩せてる!痩せすぎ!いかにも骨董ジャンボリーにいそうな独身男性ブロガー同士の出会いでした。
オチさん曰く、「写真と同じだったから、ココロ社さんだってわかりました」とのことで、写真載せててよかったー!と思いました。