読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロ社

主著は『モテる小説』『忍耐力養成ドリル』『マイナス思考法講座』です。連絡先はkokoroshaアットマークkitty.jp

【結論】なぜ、ファミリーレストランでデートするのがダメなのか

世の中にはすでに答えが出ているにもかかわらず、いまだに議論されている問題があり、人類のリソースを無駄遣いし続けています。先日話題になった「35歳の男に初デートでサイゼリアに連れて行かれたでござる」に関連して勃発した、「ファミリーレストランでのデートはダメなのか」問題もそうです。
なぜ、すでに結論が出ている問題について議論を蒸し返す人がいるかというと―

A子:「気になる人からメールがきたんだけど」
B子:「よかったねー」
A子:「ちょっと読んでくれる?わたしのこと、どう思ってると思う?」
B子:「うーん、単なる業務連絡にしか読めないね」
A子:「えー、でもハートの絵文字が入ってるよ。男が絵文字を使うときはよっぽどらしいっていう話だし……」
B子:「よく見てみなよ。ハートが割れてる絵文字じゃない。そもそも心臓が割れるはずがないから、これ、もとからハートじゃなかったんだよ。曲がりせんべいか何かじゃないの」
A子:「割れてるのは知ってるよ!いま言ったじゃない、絵文字を使うっていうのがね、心の距離が近いということなんじゃないかという話よ!」
B子:「硬くなりすぎたと思ってバランスを取ったんじゃない?」
A子:「硬くなりすぎないように……と思ってるということは、もっと近くなりたいということじゃなくて?」
B子:「いやいや、慇懃無礼っていう言葉があってね……」
A子:「い……インキン???」
B子:「わかったよ……脈ありということにしといてあげるよ。これで満足?」
A子:「え〜!なんかわたしが無理やり脈ありって言わせたみたいじゃん!」

―ということです。
なんのことかさっぱりわからないと思った方もいらっしゃるかもしれませんが、このA子のように「自分が聞きたい答えを引き出すまで問いかけ続ける」という特殊な性癖をお持ちの方が世の中には一定数おり、その方々の熱い思いが、今日も「ファミリーレストランでデートしたらダメなのか」という問題を、春先のコンビニの肉まんのごとく蒸し返し続けているのです。なぜ「ファミリーレストランでOK」という答えを引き出したいのかというと、「店を決めたりお金を払ったりなど、そのようなことは苦手だから恋愛の試験科目から外してほしい」という気持ちであると推測されます。
たしかに不得意教科は外してほしいと思うのが人情というものですが、それでもデートの場所としてファミリーレストランを避けた方がよいです。いまからその理由について読む気をなくしてしまうくらい丁寧に解説をさせていただきますね。

ファミリーレストランがデートに向かない3つの理由

なぜ、ファミリーレストランがデートに向かないのか。その理由は3つあります。


(1)デートの場所選びは、少々努力すれば誰でもできるから
鼻を高くしたり目を二重にしたりするのは、高いお金を払って整形したり、タイムマシンを発明して両親の結婚式に駆けこんで別れさせるなどしなくてはならず、非常に難度が高いのですが、デートの場所選びは、食べログでスコアが高い店のレビューを読み、デートに使えるかどうか確認したうえで予約の電話をするだけで誰でもできます。大学入試でいったら、努力でなんとなる日本史や世界史(ちなみに顔は数学で、会話は英語にあたります)であり、そこで手を抜くのはもったいないです。
逆を考えてください。「ファミリーレストランでいい」と本気で言っている女の人がいたらどうでしょう。ハードルが下がるどころか上がります。「食べ物や場所は気にしないが、そのかわり見た目がよかったり、話が面白い人じゃないと嫌だ」という意味だからです。「店選びがピンポイントで苦手なだけで、見た目もよくて話も面白い」という人の場合は、ファミリーレストランでデートをしてもまったく問題ないのかもしれませんが、見た目もパッとしなくて、会話にも自信がないというのであれば、せめて店選びくらいは念入りに行うべきなのです。


(2)ファミリーレストランだと話が続かないから
ファミリーレストランだと、何を食べるかについての話で盛り上がることはありません。「ハンバーグにするかステーキにするか迷っちゃう……もしハンバーグを頼んでパイナップルをよけて食べたら、俺のことを心の狭い男だと思ったりする?」あるいは「ドリアにするかパスタにするか迷っちゃう……ドリアのチーズが糸を引いてるところってなんかエロチックで恥ずかしいからパスタにしようかな…でもここのパスタ太麺だからパスタを啜ってるところも負けず劣らずエロチックで……困ったなぁ……」などという話題で楽しめるならよいのですが、ファミリーじゃないレストランなどに行くと、意外な組み合わせの料理だったり、食べたことのない料理があって、何を頼むかの話だけでも楽しいです。また、「次はあの店に行こう」という話も自然に出てくるので、次に会う約束がスムーズにできます。会話のスキルに自信がない人ほど、ファミリーじゃないレストランにしておいた方が楽です。


(3)ファミリーレストランも安くないから
外食に慣れていない人は、えてして「ファミリーレストランは安い」と思ってしまいがちですが、圧倒的な価格差というほどでもありません。ファミリーレストランでもかなり安い方だと思われるサイゼリヤでの、ドリア+サラダ+スープ+ドリンクバーで759円ですが、新宿の気軽に行けるビストロ、クレッソニエールのランチは1000円だし、気取らないのが一番だと思うのなら、池袋の永利のランチにすれば580円で済みます。

つまり、「ファミリーレストランでデート」とは、お金がないからという理由からではなく、考えるのが面倒だからということであり、「お前とのデートのプランを考えるのが面倒」だと思われた方はドMでない限りはつらい気持になってしまうのです。

「ファミリーレストランでもいい」と言う人に惑わされてはいけない

上記のとおり、ファミリーレストランはデートには不向きなのですが、その一方で、「ファミリーレストランでデートでもいい」と主張する女の人は少なくありません。しかし、それは「お金のない人が好き」「無計画なデートでもいい」という意味とはまったく異なることに注意しなければなりません。言っている人は騙すつもりでそう言っているわけではないのですが、真意でないことがほとんどです。どのような心理から「ファミリーレストランでもいい」と言っているかというと、これも3つの原因があって、


(1)「好きな人とならファミリーレストランでもいい」と言っているだけの話である
この手の質問には罠があります。デートと聞いて多くの人が想像するのは、好きな男の人といるところです。「(椎名桔平となら)ファミリーレストランでもいい」という意味です。問題の立て方が悪いと、まるで意味のない回答しか得られないという例ですが、角度を変えて、「どんなデートコースだったら微妙だなと思っていた人のことを好きになる?」と聞いて「ファミリーレストラン」と答える人はハイレベルな変態だけでしょう。


(2)攻略しやすさをアピールしている
「難攻不落」と思われている女の人はモテないので、攻略しやすさをアピールするために「どんなデートでもOK」と言っている場合があります。そういう人を本当にファミリーレストランに誘ってしまうと、がっかりされた上に、OKと言った手前、露骨にがっかりすることもできないので、過大なフラストレーションを与えてしまうこととなります。


(3)場所を気にしない方がかっこいいと思っている
「恋人に条件を求めるのは知的ではない」という偏見が世の中にはびこっています。この偏見を真に受けてしまう人がまれにいて、苦労することとなるのですが、「たかだかデートの場所にあれこれ言うのはかっこ悪い」と思って、あえて気にしない風を装う方もいらっしゃいます。


もちろん、「ファミリーレストランでもいい」と心の底から思っている人もいなくはないですが、多くの場合、戦略的にそう言っているか、自分が何をしたいのか自分でもよくわかっていないかのどちらかです。少なくとも、「ファミリーレストランじゃないとダメ」と思っている人は、ほぼいないと考えてもよいでしょう。

なお、「ファミリーレストランでデートするのはNG」的な話につきものなのが、「ファミリーレストランを馬鹿にしている」という四次元からの反論。ファミリーレストランはデートに不向きと言っているだけの話でしかないのですが、たとえばファミリーレストランでデートする人が増えたとして、何が起きるかをシミュレーションしてみましょう。

・「デート中なのに、あそこの家族連れがうるさい。黙らせて」などの無茶なクレームが増える
・4人席を2人で占有し、フライドポテトを何時間もクネクネさせながら会話するので回転率が悪く客単価も下がる
・いちゃつくカップルを見た小さな男の子のオチンチンが硬くなり、「ママ〜なんかオチンチンがコチンコチンになったんだけど病気かなー?」と質問して母親が困惑する

あわわ……多方面で問題が発生してしまいますね。むしろファミリーレストラン側でもデートに使われてしまうと困るはずです。
さらに「なんでいつも男が楽しませる役をやらなきゃいけないんだよ!」という五次元からの反論もありますが、それはまた日を改めて検討していきたいと思います。


この件に限らず、結論が出ているはずの問題を蒸し返すのは時間と労力の無駄です。そんな暇があったら自分のよいところを50音順に書いて(あ:アロマテラピーに詳しい、い:胃がきれいだと医者にほめられた、う:魚の目ができたことがない、え:塩分を摂りすぎていない……など)、自己肯定感を高めたりする方がなんぼか有効と思われます。人生は意外に短いですから、ポジティブに生きていきたいところですよね。


ココロ社twitter
可愛らしさ満載のツイートが好評です!
https://twitter.com/kokorosha

ココロ社facebook
友だちリクエストはどこの誰でも節操なく100%受けます!
https://www.facebook.com/kokorosha