読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロ社

主著は『モテる小説』『忍耐力養成ドリル』『マイナス思考法講座』です。連絡先はkokoroshaアットマークkitty.jp

今年、ネットをやってて個人的に面白かったこと

こんにちは。あっという間に年末ですよねー。
年末らしく、自分なりに今年のまとめをしたいと思います。


別に今年に限ったことではないのですが、「普通のサラリーマンが自分のメディアを持てるなんて、本当にいい時代になったもんだなぁ」と思います。ちょっと前までは、何かを世に出したいと思ったら、出版社とかテレビ局に入ったりするしかありませんでしたが、今は普通に仕事をしているサラリーマンがアフター5に妄想を発信できるわけですから…まあ「普通のサラリーマンは妄想しない」という説もありますが、そんな正論はさておき、大手のマスコミとは全然規模が違うにしても、「ブログ=自分が編集長をつとめる雑誌、自分がディレクターをやっているテレビ」だと思いますし、WEB100.0になっても、自我ノットデッド(「近代的自我なんてフィクションだよ」と発言することでアイデンティティを獲得してしまうほどに!)でしょうから、これからも、世界で一つだけの花として、インディペンデントでプログレッシブな個人ブログを展開していきたいと思います。


―ということで今年の個人的まとめです。

今年書いた記事で斬新だったと思う記事5つ

最近このブログを知った方も多いかと思うので、今年の記事で注目っぽいのを紹介させていただきます。


株式会社はてな最強化計画
株式会社はてなのサービスについて、具体的・建設的に提案する、勝手コンサルタント企画です。いろんな人に読んでいただいただけでもうれしかったのですが、メールをいただいて、株式会社はてなにおじゃまして、副社長の川崎さんに「こうしたら新しいお客さんが増えますよ!」とか放言してしまいました…面白かったです。



恋愛に消極的な人にオススメ、「待ちモテ」の術!
「傷つくのがイヤなんて、甘えるな!」という意見は根強いですが、説教好きほど、実効性のない精神論しか口にしないというのも事実。
それなら…ということで提案したのは、ローリスクハイリターンな「待ち」方です。恋愛に限らず、傷つかずに得たいものを得るための革命的ソリューションを、来年も提案していきたいと思います。


テントウムシ業界がブラックである証拠写真
とにかくメチャメチャ有名になりたいと思っているのですが、文章だけだったらどんなに磨いても振り向いてくれる人の数は限られているということに気づいたので、今年は写真もがんばりました。写真と文章が四次元で結びついて、常人には理解不能になっていますが、個人的には気に入っています。
ブログというと文章のイメージが強いですが、写真もビデオもブログのうちなので、来年もがんばりたいです。


「オッサン・ゲーム」を作ったヨ!
ゲームクリエイターの名をかけて、最高に気分が悪いサウンドノベルwithoutサウンドを作りました。
「オッサンに口説かれないようにがんばる」という、非常に実用的なゲームです。
個人的には超面白ゲームなんですが、まだ早かったようです。22世紀のスタンダードを目指した意欲的ゲームです!


わが妻 卑弥呼
これは卑弥呼の夫による革新的なリアルタイム卑弥呼伝なのですが、革新的すぎて自分でも存在を忘れていました…本当はこういうのだけを書いて、たくさんの人が読んでくれたらすごくうれしいのですが、あと10年くらい人類の進歩を待つしかないのかもしれません…来年、もし暇があったらまた小説を書きたいなと思います。

読者の方とバッタリ会えて楽しかったです


▲顔写真を載せていると、「自意識過剰」とか言われたりして、グウの音も出ませんが、(載せないのも自意識過剰だと思いますが…と負け惜しみを言ってみる)、載せててよかったと思うことも多いです。
電車に乗ってたら向かいの感じのよい女の人がこちらにきて「ココロ社さんですよね!」「えーなんでわかったの?」「いや、あれだけ写真載せてたら気づきますよ〜」という感じで楽しかったです。



▲先日、広島県・大久野島に行ったのですが、途中の岡山駅で岡澤さんに発見されて、電車も船も宿もずっと同じ、ということがありました。
感じのよい女の人の視線は感じていたのですが、「37歳のオッサン自意識過剰www」と思ってました。
帰ってから気づいたのですが驚きです。


という感じで、有名人みたいで楽しかったです!

連載やインタビューの話など、ここ以外で活躍の場ができました

10年近く、気ままにサイトを運営していたのですが、世間の評価があまりにも低いのに業を煮やし、「キー!こうなったらアクセスを増やしてやる!」と、去年あたりからキャッチーな記事を書くようにしたのですが、今年はそれが実って連載の話が次々と…ということで、大変ありがたい1年でした。

この場所以外で今年書いた記事やインタビューの中で、オススメの記事を貼っておきますので、よかったら読んでみてください。


「あえて言い負かされる」というテクニック(CAREERzine)


仕事中、密かにリフレッシュできる1分間マッサージ(Lifehacker.jp)


「アホなだけでは誰も見てくれない」──ココロ社の中の感性と理性 (Ascii.jp 古田雄介の“顔の見えるインターネット”)


今年の初めに、「スゴブロ2008」に選んでいただいてから、いい感じになってきました。
スゴブロ「ココロ社インタビュー」


また、休刊になってしまいましたが、「m9」の連載も楽しかったです。読んだ方から原稿のお話をいただいたりして大変ありがたかったです。



という感じで最近いろいろ忙しいのですが、来年こそはyoutubeを使って面白いことができたらと思っています。すでにシナリオとかはできているのですが、どうも納得がいかなくて…近いうちになんとかしようと思うので、おつきあいいただければと思います。

そんなわけで、ちょっと早いですが、よいお年をー。

今年最後の「CAREERzine」の連載は、「メールを簡潔に書くと損をする」です。

常識になっている「メールは簡潔に」ですが、実は損をすることも…という話です。保身大好きサラリーマンの方はは、ぜひご一読くださいまし!
http://careerzine.jp/article/detail/278