読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロ社

主著は『モテる小説』『忍耐力養成ドリル』『マイナス思考法講座』です。連絡先はkokoroshaアットマークkitty.jp

都内で巨大古墳+温泉+五重塔を楽しむ

新名所

みなさん、こんにちは!突然ですが、東京都内にも大きな古墳があるのをご存知ですか?
…ん?ご存知もなにも興味ないって?それはまずいです。典型的な「古墳ノイローゼ」ですね…古墳に興味津々であるのが人間の本来の姿なのに、仕事のストレスなどが原因となって、古墳に興味が持てなくなってしまう…なんと悲しいことなんでしょう!…と、嘆くのもたいがいにして話を進めます。前方後円墳を中心に、大規模な古墳群が田園調布にあると聞き、見てきたので報告させていただきます。(というか、タモリ倶楽部で最近放送されてたらしいことを書き終わって知りました…先回り型の集団ストーカーですね!)

電車の中でヨダレを垂れている間に田園調布に到着。しかし、朝から牛丼のみで空腹に耐えかねて、駅に着くなり近くのとんかつ屋でご飯です。かなりの名店だけど取材お断りみたいなので名前は伏せますが、あまりのおいしさに驚きました。
「衣もうまいのでソースかけすぎに注意」と書いてあって、「しょうもない演出を…」と、店内のスポーツ新聞を片手に箸をつまみ、一口食べると、その指令が伊達じゃないことがたちまち腑に落ちました。衣のパン粉がとてもまろやかな味で、熟成されたバターたっぷりのパンを思わせます。ソースのお世話にならずに最後まで食べました。今でも思い出しただけでヨダレが出ます。▼


ということで腹ごしらえは完了。目的の古墳に向かいます。田園調布の金持ちストリートを、あんまり見ないようにして歩くこと10分あまり―格差に気づかないふりをするのが今の流行なのです―ほどなくして公園を装った古墳群が目の前に!武蔵国造の一族の墓らしいです。▼

しかし、古墳と言っても、こんもりしてるだけなので、つまらないといえばつまらないかもしれません。

▲パネルを見て、「こっちのこんもりが前方部で、あっちのこんもりが後円部か…とイマジネーションを働かせてしのぐしかありませんね。そこらへんは、アイドルの水着写真を見て「こっちのこんもりした部分が(以下略)」と空想するときと同じ要領です。



▲直後に、何のメリハリもなく古墳群が行く手に現れますが、ふーんと思いながら歩いていくと、トリをつとめるべく古墳展示室が登場。


▲石室をかたどった展示室に、いままでの鬱憤が一気に晴れる瞬間です。夢いっぱいの副葬品の数々!しかしえらくてエロい人の場合(注:えらい人は概ねエロい)、女性の下着とかエッチな絵とか、そういうものを副葬品として入れたりすると思うのですがどうなんでしょう?埋める係の人が着服して楽しんでいたのかもしれませんが、疑問が残ります。


落ち着きを取り戻したところで、多摩川駅から蒲田を経由して池上へ行きます。池上といえば、日蓮のお墓がある池上本門寺。そして、日蓮といえば…まあいいや。そして、蒲田からこの辺一帯は、黒湯で知られる温泉地帯でもあります。黒湯、入ったことない人は本当に真っ黒で面白いのでぜひ入ってみてください。効き目はよくわからないですが。こちらは、池上駅から南に5分くらい行ったところの「桜館」。銭湯価格(430円)で温泉が楽しめていいです。サウナや露天風呂まで揃っていて何ともオトクです。写真の屋上のところも行けて、全裸で歩き回ることが可能で、露出狂による犯罪の抑止効果が評判です。▼


風呂に入ったら本日最後のイベント、五重塔。浅草寺の五重塔よりもしっとりしていて素敵です。人も少ないし。▼


近くには力道山のお墓もあります。上半身の銅像がありますが、下半身のタイツのところがどうにも好きなので再現してほしかったです。▼

今日行ったところは全部東京都大田区。「大田区」と聞いてもピンとこないかもしれませんが、1日楽しめるので、晴れた週末はぜひ行ってみてください。