読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロ社

主著は『モテる小説』『忍耐力養成ドリル』『マイナス思考法講座』です。連絡先はkokoroshaアットマークkitty.jp

伊勢・安土桃山時代村

要は日光江戸村の伊勢バージョンなのですが、安土城のレプリカがある。これだけでも行く価値アリです(個人的に)。
安土城の天守閣は、上部が金色、かつ、吹き抜け構造になっていて、和洋折衷&成金趣味丸出しで図面を見るだけでときめくのですが、残念ながら焼かれてしまっており、現存しません…しかし!伊勢で華麗に復活していたのです!



▲外はこんな感じ。ブルーノ・タウトが見たら気絶したはずです。信長は本当に変態。DQNが権力を持つとこんなに面白い建築ができるなんて!



▲で、吹き抜け構造は再現されてなかったのですが、最上階の金箔ルームはバッチリ再現されてます。全部金色だとまったく落ち着かない…ところで日曜なのにいるのはぼくだけ。ココロ社の1日信長です。ちなみに、1〜3Fのビデオは音響機器の不調のためお休み。本当に階段をのぼって上がるだけです。



▲「からくり忍者迷路」。歴史系のテーマパークに必ずあるのがこのからくり。
しかし!ここは半端じゃなかった!なんか入る前からおかしい雰囲気だったんですよ。家族連れとすれ違ったのですが、やんちゃそうな、赤黒ーく太った男の子が半泣きで、親に「もう一回入るか?」と冗談まじりに聞かれても、無言で首を横に振っています。まさか…と思ったのですが、入ったら…難度高し!要領が悪いと何度もループしてしまいそうです。
写真だと明るく見えますが、実物はもっと暗いです。一番右の壁を押すと出られるのですが、壁のすべてを丹念に押していかねばならず、なかなか大変…っていうか、遊びなんだから、張り切ってマジなからくりなんて作らなくていいから!



▲さらに「忍者教練屋敷」。お化け屋敷と同じです。迫りくる壁…priceless
最後は、裸の女忍者が、「覗くとは修行が足りない」的なことを言いながら、乳首から水を噴射します。個人的には、修行しすぎて、覗きというディープな趣味に開眼する人が多いように思うのですが…(ex.マーシー)
とりあえず秘宝館的なテイストがGOODです。

っていうか、「時代村」系列なので、にゃんまげがキャラクターだったのに、にゃんまげと何もしなかった…