読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロ社

主著は『モテる小説』『忍耐力養成ドリル』『マイナス思考法講座』です。連絡先はkokoroshaアットマークkitty.jp

オトシブミ

昆虫

朝のテレビで「今日のワンコ」みたいなコーナーがあるけれど、いいかげん見飽きた。あまり見てないが見飽きた。これからは「今日の昆虫」にすればいいと思う。昆虫の方がかわいいし、昆虫は地球上に1000万〜3000万種類いると言われているので、1000万回〜3000万回もコーナーを続けていくことができてオトク…
と、冒頭から妄言で始まりましたが、今日の昆虫はオトシブミです。山道を歩くとき、ちょっと地面に注目すると、人工的に丸められたような感じの木の葉が見つかるはずです。これがオトシブミの幼虫のユリカゴ、幼虫の尾崎ハウスなのです。成虫が木の葉を器用に丸めてその中に産卵。幼虫は「お母ちゃーん…どこにいるの?」と叫びながら木の葉を食べて過ごします。成虫らしきものを見た(全長1センチ程度)のですが、もしかしたら写真に撮ったのは、オトシブミの近縁のチョッキリという昆虫かもという気もする。いずれにせよ、なかなか可愛らしかった。