読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロ社

主著は『モテる小説』『忍耐力養成ドリル』『マイナス思考法講座』です。連絡先はkokoroshaアットマークkitty.jp

世田谷観音

先週、ランチを会社のSさんといっしょにした。最近はSさんは御朱印に興味があるらしく、この前のランチでは御朱印帳を持っていって、1つずつ「このお寺はこうであの神社はこうで…」と話したりしてたんだけど、今回、「こういうの好きだよね?あげるわ」と、世田谷美術館特別展「祈りの道〜吉野・熊野・高野の名宝」のタダ券をゲト。早速行こうと思って、日曜、家を出たら、暖かい…これはキモチイイ…初夏が戻ってきたようでうれしくなりすぎて、室内でじめじめ過ごすのはもったいないなーと思い、美術館のある用賀まで我慢できなくて三軒茶屋で下車。そのまま世田谷観音へ。目当ては、法隆寺の夢違観音像を3割くらい大きくした像、マリア観音、さらに特攻平和観音(すごすぎる名前!)だいたい三軒茶屋の駅から15分くらい歩いたところにある、雰囲気は非常にいいお寺。昭和26年創設のわりには風格がある。ま、なくてもいいけど…で、脇から境内に入っていくと…キタ!ちょっとプヨプヨしてるけど夢違観音様!本物は室内に安置されていて、端正な輝きをたたえているのだが、こっちの観音様は野ざらしで緑色になっていて毒々しい…あと、マリア観音は本堂の奥の方にちょこんと立っていたが、よく見えなかった。別の意味での神仏習合なので念入りに観察したかったんだけど…キリスト教の受容に関しては、いろいろ面白いことがあっただろうから、今後も注目していく所存。っていうか、踏み絵自体、非常に奇妙なシステムだし。

また、特攻平和観音をおさめている特攻観音堂は、残念ながら修理中…見たかった…たぶんノーマルな観音だけど、胎内に特攻で戦死した人たちの名前が入ってる点が違うみたい。あとお堂の中が菊の紋でいっぱいらしい。工事が終わった頃を見計らって、また行こうっと。