読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロ社

主著は『モテる小説』『忍耐力養成ドリル』『マイナス思考法講座』です。連絡先はkokoroshaアットマークkitty.jp

血液型占いに興味がないのが悩み

今や、老若男女の常識とされる血液型占い。
残念ながら、私は全然興味がないが、飲み会の席でよく話題になる。そこで「つまらんよ」という顔をするのも子供なので、「へぇー」と話を聞いているふりをしている。興味のないことには、1ミリも記憶力が働かないので、いまだに何型がどうだとかがわからない。気まずいのは嫌いなので、適当にわかったふりをしてうなずいたりする。

なぜ血液型に興味を持つのかがわからない。血液型って4種類だけど、人間を4種類に分類することに何の意味があるのか?そしてその4つの類型に自分が当てはまっているかどうか思案するのも謎。
同じ分類なら、クレッチマーの体型分析みたいなのがあるが、それでいいじゃないか?と思ったりする。

問題にしたいのは、血液型占いの妥当性ではない。百発百中でもインチキでもどっちでもいいけど、そもそも、25%の確率で当たるわけだし、日本人の血液型の割合がわかっていれば、だいたいAかOって言っていれば当たる気がする。

あと、「あいつはA型だから気が合わない」とかいうのもわからない。もっと合理的な考え方はできないのだろうか?
たとえば「あいつは幼児期に虐待を受けていているから性格が暗くて突発的に暴力性を露わにするので性格が合わない」とかの言い方の方が、より説得力があると思うのだが…
占いをするくらいなら精神分析の方がいくらかマシと思う。